ホーム> 会社案内

企業にとってもっとも理想的なソフトウェアバーク

このテーマは「chinasouring」によっての命題作文であり、読んだ後、確かに「ソフトウェアバーク」という概念について少し検討する必要があると思った。ご周知のように、「ソフトウェアバーク」は第十八号文件の公布によって全国で速やかに発展を遂げてきた。当然ながら、その発展も多少にわが国製造業の各種バーク(保税区、ハイテク産業区、経済開発区など)とインドのソフトウェアバークからの影響をうけている。

私は専門家として、2004年に国家発展改革委員会と原情報産業部による国家ソフトウェア産業基地(中国TOP10国家級ソフトウェアバーク)の建設プロジェクトについての結題考察に参加したことがある。その考察は本来に末位淘汰制をとるつもりだったが、「取りやすい、捨てにくい」という固有ルールがあるせいで、最後に淘汰される可能性があると心配していたソフトウェアバークの所在地域の省リードは検討会が終わっていないうちに、すでに国家発展改革委員会へ協調に行った。だから、淘汰が流産されるようになった。結局、国家級ソフトウェア産業基地が守れるというみんなに喜ばれたことになった。

しかしブランドが保護されたが、それはソフトウェアババークとソフトウェア産業も保護されることを意味するか?何のためにソフトウェアバークを建設するか?またそれなりの価値は何だろうか?今まで、これらのソフトウェアバークに関するの問題を真剣に研究したことがある人はいないだろうと思う。

私の一人の友人はアメリカ華人であり、個人自営企業のもとで、国連教科文組織にアウトソーシングを提供する。彼の仕事はとても簡単で、即ち組織における毎週の仕事文書を中国語と英語でそれぞれ書いた二つの標準的な当局文書にまとめることであり、大部分は翻訳のことである。毎日通勤する必要がなく、ただ毎週の月曜日に先週の中英文書をメールで機構のほうへ送ればいい。だから、彼は週末に一番忙しい。彼は、時々北京に滞留するが、時々成都にいる。何日の後聞いたところ、彼はもう桂林へ移ったかもしれない。移動鳥のように、居場所が移ったり変わったりする。だが、よく考えると、彼の行方に手がかりがあるということが分ってきた。即ち、彼はいつもその地域に気候が一番いい季節の時、あそこへ生活を楽しみに行く。このようにして、仕事に影響もなく、そして自然の恵みも享受できる。これは生活と仕事を両立させると言える。当然ながら、それができるようには、二つの条件を満たさなければならない。一つは独身で、家庭に束縛されることがない。もう一つは収入には旅費を賄う余裕がある。話題が外れそうだが、しかしよく考えると、実は誰でも“チャレンジに富み仕事と心地よい生活の両立”というような生活様式に憧れている。もちろん、収入は先決の条件と見なされている。